自己破産ができないことってあるの?

自己破産ができないことってあるの? > 自己破産ができない・・もう八方塞がりなのか

自己破産ができない条件

よく言われているのが浪費やギャンブルが原因の借金では自己破産ができない!というものですが、本当にそうなのでしょうか。

自己破産というのはその成立を示す免責の許可を受けることが必要となりますが、
この免責が許可されないものとして(免責不許可事由)ギャンブルや浪費があるのは事実です。

ネットでもギャンブルで作った借金で自己破産して借金をチャラにするなんて許せないというような感情による書き込みが多く、できない!という事が多く書かれているのも事実です。

ギャンブルで借金をして払えなくなったのは自己責任だから路頭に迷っても仕方ない!というのはあまりにも非情ですし自己破産という借金でどうしようもなくなった人を救済する目的でできた制度の意味をもなくしてしまうといえます。

主たる要因がギャンブルであっても、その背景やその前後の生活苦による借金もあるということも加味して免責を決定する裁量免責というものがあり、これにより免責が許可される事がほとんどだと言っても良いでしょう。

ここで大切なのはこの裁量免責を裁判官に認めてもらうには弁護士の力量が大きく影響します(裁判官に訴えかける説得力のようなもの)

自己破産を考えるとき、そして原因がギャンブルや浪費といった事が含まれるときには弁護士選びで結果が左右されると言っても過言では無いのです。

>>>借金問題に強い弁護士を選ぶなら<<<

免責不許可事由

自己破産が認められない免責不許可事由にはギャンブルによる借金や浪費、広義に捉えるとFXや株式投資での借金も含まれるよう言われたりもしています。

このいずれも裁量免責により自己破産を認められる事案が多くあるので、不確実な話に影響されてもう八方塞がりだと思いつめることはしないでも大丈夫です。

ただ、いくら裁量免責があるからといって自己破産を考えなければならない状況下で更にギャンブルのために借金をしたり、ショッピング枠の現金化のようなことをするのは絶対に避けるべきです。これは故意だという判断をされるので弁護士が依頼を受けてくれないということも出てきてしまいます。

理由はどうであれ借金苦で行き詰まってしまったら他の事はせず、早急に相談して対策を講じたりアドバイスを受けることが先決だといえます。

>>秘密厳守で無料相談をするなら<<